見極める

動物性栄養素の強いドッグフード

市販のドッグフードにはたくさんの種類があります。
原料が違ったり入っている栄養素が違ったりと、ワンちゃんに合わせて選べるようになっています。
様々な栄養素の中で、動物性の栄養素とはどのようなもので、どんなメリットがあるのでしょうか。

ワンちゃんに必要な主な栄養素は、タンパク質・脂肪・炭水化物で、その他に各種ビタミンやミネラルなどがあります。
犬の祖先はオオカミなので、元々は肉食で他の動物の肉を食べていました。
品種改良などにより現在は雑食に近くなっていますが、身体の作りを考えると動物性の食事の方が消化しやすく、吸収も良いのです。
逆に、野菜や穀物などの植物性の食べ物は、消化しにくく負担になってしまうのです。

では、市販のドッグフードは動物性の栄養素が使われているのでしょうか。
実は、動物性タンパク質のみで作られている商品はほとんどなく、植物性のタンパク質が混ぜられているんです。
なぜワンちゃんにとって大切な栄養素であるタンパク質なのに、消化吸収の悪い植物性のものが使われているのでしょうか。

動物性のタンパク質は肉や魚由来のものです。
植物性のタンパク質は大豆やとうもろこしを使用しています。
肉や魚だけを使ってしまうとコストがかさんでしまうので、大豆やとうもろこしを使ってコストをおさえているのです。

もう一つ大切な脂肪ですが、こちらは動物性脂肪と記載されているものが多いので、問題ないと思いがちです。
ですが、単純に動物性脂肪や動物性油脂としか書かれていないものは危険です。
何由来の脂肪なのかわからない上、そのような表記をしている場合、質の悪いものを使用していることもあります。
また、動物性脂肪などを使用していると酸化しやすいため、酸化防止剤が使われています。
ドッグフードに使用される酸化防止剤には発がん作用があるものもあるので、注意が必要です。
鶏油やニシン油など、何の脂肪を使用しているのか明確に記載してあり、酸化防止剤を使用していないものがベストです。

ワンちゃんは人間とは違い、体調不良をうまく伝えることができません。
ですから、病気にならないように食事には気をつけてあげたいですよね。
安いドッグフードほど、コストを抑えるためにあまりよくないものが使われていることが多いです。
どんなものがどのくらい使われているのかがきちんと書かれているものを選んだほうが、ワンちゃんにとっては安全です。
こちらhttp://xn--qckubrc3d4m.name/component.htmlを参考にしながら成分表を確かめ、なるべく野生で食べていたような、本来の食生活に近い物を食べさせてあげましょう。