見極める

ドライのドッグフードはダニに注意

よくカリカリと呼ばれている、主に主食として使われるドッグフードは、ドライタイプというものです。
ドッグフードの中でも安価でなじみ深いものですが、長期保存できるものなので、保存方法には気をつけなくてはいけません。

ドライタイプのドッグフードは、水分の多いウェットタイプに比べると水分が少ないため長期保存ができます。
値段が安いからと、一袋にたくさん入ったタイプを買っていませんか。
気をつけないと、ワンちゃんの健康を妨げてしまうかもしれません。

ドライタイプのドッグフードは乾燥しているので、開封しなければ長期間腐らずに保存できます。
ですが、一度開封してしまえば、空気中の水分を吸収してしまったり、酸化してしまう可能性があります。
また、一番問題なのはダニです。
ダニというのはかなり気をつけないと色々なところに入り込んで繁殖してしまいます。
開封済みの小麦粉なども、きちんと口をしめたつもりでもダニが入り込んでいるということも多いのです。
ドッグフードはダニにとって、小麦粉よりもずっと魅力的です。
開封した袋をクリップなどでとめた程度では、ダニが入りこみ繁殖してしまう可能性があるのです。
ダニが繁殖したドッグフードを食べることによって、アレルギーを起こしてしまうワンちゃんもいます。
ワンちゃんのためにも、正しい保存方法を心掛けて、ダニが繁殖しないようにしたいですね。

ドッグフードは一度開封したら、ジップロックなどの密封できる容器に小分けしましょう。
さらに、常温で放置することもダニが繁殖する原因となるので、冷蔵庫や地下の貯蔵庫などの温度が低く安定している場所で保存するようにしましょう。
何頭も飼っているというのでなければ、あまり大袋のものは購入しないというのも大切です。

ダニというのはワンちゃんにとっては百害あって一利なしです。
酸化したり腐ったりというリスクもありますので、保存方法には気をつけましょう。
ダニが入り込まないようにして、繁殖できる環境を作らないことがとても大切です。