見極める

ドライのドッグフードはダニに注意

よく主食として用いられる乾燥した粒状のドッグフードは、「ドライタイプ」と呼ばれるものです。
缶詰に入れられる「ウェットタイプ」など、ドッグフードには様々な種類がありますが、中でもこのドライタイプは安価で長期保存が可能というメリットがあり、広く親しまれています。
ウェットタイプと比べるとフード中の水分含有量がずっと少ないため、ドライタイプは腐りにくいのです。
しかし長期保存が可能であるからこそ、保存方法には気を付けなければなりません。
値段が安いから、保存がきくからといって、一度に大量に買い込んではいないでしょうか。
ドライフードの大量買いは、場合によってはワンちゃんの健康を害してしまう可能性があります。

ドッグフードを一度開封すると、その瞬間から酸化が始まります。そしてドライタイプのフードは乾燥しているため、空気中の水分を吸って湿気てしまうのです。つまり開封から時間が経てば経つほど、フードが劣化するリスクが高まるということです。
多頭飼いでもしていない限り、大袋での購入は控えたほうがよいでしょう。

そして中でも問題なのが、「ダニの発生」です。
ダニは小麦粉などの粉物や、米などの穀物によく発生します。ダニ防止のため、粉物の保存には気を付けている方も多いのではないでしょうか。
ドッグフードにも同様に、ダニが発生することがあります。
むしろ栄養満点なドッグフードはダニにとって、小麦粉よりもずっと魅力的な食べ物です。
ダニの混入したフードを食べ続けたワンちゃんが、ダニアレルギーを発症することもあります。
愛犬の健康のためにも、フードの保存方法には気をつけたいものですよね。

ダニの侵入を防ぐには、まずドッグフードを密閉空間に入れ、物理的に阻止することが重要です。
クリップや輪ゴムなどで留める程度では、わずかな隙間から容赦なくダニが入り込んでしまいます。
フードを開封したらすぐに、ゴムパッキンなどの付いた清潔な密閉容器に移し替えることをおすすめします。
また、保存環境も大切です。ダニは高温多湿の環境を好みますので、その逆の環境に保存しましょう。ダニは湿度が40%以下の環境では生きられないといわれています。
直射日光の当たらない、風通しのよい場所で保管するのがベストです。

ちなみに、いくらダニ対策の好条件がそろっているとはいえ、冷蔵庫での保存はNGです。
冷蔵保存はダニには効果的ですが、カビの発生を助長する可能性があるためです。
密閉容器に入れて冷暗所に保存するだけで十分ですので、間違った保存方法をとらないようにしましょう。