見極める

便からドッグフードを見極める

人間と同じように、ワンちゃんも便の様子がある程度健康状態を知ることができるバロメーターとなっています。
ワンちゃんは体調不良を自分から訴えることはできませんので、日頃から便の様子をチェックして体調を知る必要があります。
ドッグフードがワンちゃんに合っているかどうかも、便の様子からわかることがあります。

まず、健康な状態の便というのはどのようなものなのでしょうか。
ある程度の量があり、バナナ状の便が一番良いとされています。
下痢をしていたり、硬すぎるときや少なすぎる時には体調が悪い可能性があります。
病気などの場合もありますが、最近ドッグフードを変えた、という時にはそれが原因の可能性も考えましょう。

人間も悪くなってしまった食べ物や油ものなど体質に合わない物を食べた時には、下痢をしやすくなります。
下痢というのは、食べ物をうまく消化できていない時に起こります。
体調が悪くて消化機能が落ちている時や、消化しにくい物を食べた時に起こりやすいです。
ドッグフードが原因の下痢だと思われる場合には、フードの原材料を確認してみましょう。
添加物や化学物質などが原因かもしれません。

便が硬すぎたり少なすぎるときには、二つの原因が考えられます。
一つは便秘になってしまっている場合です。
水分を多めにあげたり、食物繊維が多いフードに変えると改善するかもしれません。
もう一つはドッグフードが原因の場合です。
添加物などがたくさん使われていて、ワンちゃんが下痢を起こしてしまうと、その商品は売れなくなってしまいます。
そのため、それを隠すために、便を固める成分が入っているドッグフードがたくさんあるんです。
下痢をしているときであれば普通の便程度の硬さになりますが、健康な時であればフードが過剰に便の水分を吸収するので硬くなってしまいます。
クレイ(土)・モンモリナイト・ピーナッツの殻などは便を固めるために使われている成分なので、注意しましょう。

残念ながらワンちゃんにとって良くない添加物を使用しているドッグフードはたくさんあります。
商品の表示やワンちゃんの便の状態などをよく見極めて、ワンちゃんにとって少しでも安全なドッグフードを選んであげたいですね。
特に新しいフードに変える時には、注意深く便を観察してください。