見極める

肝臓機能の健康維持に向いているドッグフード

肝臓の病気はなかなか症状が現れず、気付いたときには手遅れということも多い恐ろしいものです。
肝臓病には食事も大きく関係しているので、予防のためのドッグフードをあげるようにすればリスクが抑えられます。
どんなドッグフードが良いのでしょうか。

第一に、人間の食べ物を与えるのはやめましょう。
人間の食べ物はワンちゃんにとっては脂肪や塩分などが多すぎるため、肝臓に負担がかかってしまいます。
ワンちゃん用に調理するのであれば問題ありませんが、残り物を与えたり食べたがるからとおかずを分けてあげるなどというのは絶対にしてはいけません。
余分な脂肪や塩分を処理するために肝臓が酷使され、働きが衰えてしまいます。
それによって本来の働きが十分にできないと、肝臓だけでなく全身に影響が出てしまいかねません。

肝臓は体内に入った毒素を処理する働きがあります。
余分な脂肪や塩分も毒素として処理されています。
その他にもドッグフードに含まれている添加物なども処理しています。
毎日食べるドッグフードにたくさんの添加物が入っていたら、肝臓への負担はかなりのものになってしまいます。
なので、まずは余計な添加物が入っていないものを選ぶことが基本です。
とはいえ、市販のドッグフードで全く添加物を使っていないものを探すのは難しいでしょう。
添加物の内容や量がきちんと表記されているもので、なおかつ比較的悪影響の少ない添加物を使っているものを選びましょう。

肝臓に良いドッグフードとしては、質の良いタンパク質やアルギニン・亜鉛などのミネラルやビタミンを含んでいるものがあげられます。
また、L-カルニチンには内臓肥満を防ぐ効果があり、脂肪肝の予防につながりますので、積極的に摂るといいでしょう。
赤身の肉などに含まれる成分なので、ワンちゃんの本来の食生活とも合っています。
一つのフードで摂ることが難しければ、複数の商品を混ぜたり、ワンちゃん用に調理した食材を混ぜてもいいかもしれません。

ワンちゃんに長生きしてほしいというのは、ワンちゃんを飼っている人の共通の想いですよね。
そのためにも健康に深くかかわっている肝臓を普段からケアしてあげましょう。
どのドッグフードを選べばいいかわからないようでしたら、獣医さんに相談するのもいいかもしれません。
肝臓と並んで気になる腎臓サポートについてはhttp://www.vancouverislanddiet.com/kannzousapoto.htmlをご覧ください。