見極める

国産食材のドッグフード

私たちがスーパーで食材を買う時には、それがどこの国で作られたものなのかを見てから購入しますよね。
この国のものはおいしい、安いなどそれぞれ基準があるかと思いますが、国産を選ぶ理由は安全だからという人が多いと思います。
ドッグフードの原産地も気になりますよね。

正直な話、原材料が国産かどうかまで気にして選んでいるという人は少ないかと思います。
日本のメーカーでも原材料は外国産だったりするし、なかなか原材料の産地まで記載されていません。
国産の食材を使ったドッグフードを選ぶメリットはあるのでしょうか。

まず、市販されているドッグフードの多くは、原材料に何を使っているのかよくわかりません。
人間の食べ物とは違うので、以前は表示義務がなかったくらいです。
たとえば、鶏肉と書いてあったとしても、人間が食べられる鶏肉なのかどうかはわからないんです。
死んでしまったり病気になってしまって人間の食用としては出荷できないものを、ペットフードに使用しているなんて話もあります。
人間は食べちゃダメ、でも犬ならいいよというのはおかしいと思いませんか。
他にも、穀物などを使用しているものであれば、農薬も気になります。
ただでさえワンちゃんの寿命は人間よりもかなり短いですから、できるだけ長生きしてほしいですよね。
それなら、人間が食べても大丈夫なくらい安心なドッグフードを食べさせたいですね。

国産の原材料を使用しているドッグフードはかなり少ないですが存在します。
そのようなものは、人間が食べても問題ない原材料を使用していて、保存料などの添加物もほとんど使っていません。
ワンちゃんの本来の食べ物であるお肉を中心に、栄養バランスが考えられているので、消化不良やアレルギーなどの心配が少ないのも魅力です。

スーパーで普通に売られているようなドッグフードと比べると、どうしてもお値段は高くなってしまいます。
ですが、家族の一員であるワンちゃんが、健康に長生きするためであれば、必要な出費と言えるでしょう。
化学薬品だらけのドッグフードよりも、ワンちゃん自身も喜んで食べてくれるかもしれませんね。